本文へスキップ

Java 通信講座は、これからJavaを学習するためのおすすめ講座を紹介しています。

Javaとは/Java 通信講座

Java 通信講座

Java 通信講座

Javaとは

Javaは1990年代前半に Sun Microsystems 社が開発したプログラミング言語です。

Javaには以下のような優れた特徴があります。

・プラットフォームを選ばない
・オブジェクト指向言語である
・プログラムを安全に実行できる
・ネットワーク関連の機能が充実している

JavaはC++言語に似ていますが、従来の言語をそのまま取り入れるのではなく、「優れたところは取り入れて」、「複雑なところは省いて」といういいとこどりをしています。クラスの単一継承、参照、ガベージ・コレクションといった機能によりプログラムが簡潔になっています。

Java言語で作られたプログラムは、特定のOSやCPUに依存することなく、「Write Once, Run Anywhere」といわれるように、一度書いたプログラムはどんなプラットフォームでも動作するように設計されています。

通常プログラムを実行する時には、最終的に各プラットフォームに対応したネイティブコードに変換されて実行されます。このネイティブコードが各プラットホームごとに違うため、あるプラットホームで動いていたプログラムが、別のプラットホームでは動きません。

この問題をJavaはJava仮想マシンと呼ばれるソフトウェアを使うことで、見事に解決しました。Javaのソースコードはコンパイルすると、バイトコードと呼ばれる中間コードに変換されます。バイトコードが書かれたファイルをクラスファイルといい、Javaのプログラムはクラスファイルの状態で配布されます。

このクラスファイルをJava仮想マシンが各プラットフォームに対応したネイティブコードに変換して実行します。Java仮想マシンがプラットフォーム間の違いを吸収してくれるので、プログラマーはプログラミングする時に、プラットフォームの違いを意識しなくてもよくなったのです。

またJavaは作れるプログラムの範囲の広さも魅力です。Javaアプリケーションやサーバーサイドプログラム、デジタル家電、携帯電話など様々なシステムがJavaで作ることができます。